交通事故に関する解決事例①


コメント

交通事故の被害にあった場合、相手方の加入している保険会社から示談金額の提示がなされます。本人が弁護士を代理人に付けていない場合、通常、低い金額が提示されます。しかし、代理人がついた場合、裁判で認められる基準まで増額されることが多く、金額的に大きく違いが生じます。

例えば、怪我の通院期間が6か月(実通院日数100日)の場合、慰謝料だけでも以下のように3倍ほど異なります

保険会社提示額:420,000円
裁判所基準:1,160,000円

交通事故の場合、必ず弁護士を付けていただくのがいいでしょう。

なお、任意保険に入る際、弁護士特約を付けていれば、法律相談料も含めて、弁護士費用の負担はありません。家族の保険が使えるケースもありますので、お気軽にお問合せください。


このページの先頭へ