家賃を滞納したところ貸主に鍵を付け替えられ締め出されたケース


家賃滞納で貸主に鍵を付け替えられ、締め出されたケース。

事例の概要

依頼者は、賃貸住宅に住んでいたが、数か月家賃を滞納したところ、家主から無断で部屋の鍵を替えられ、部屋に入れなくされ、また、中に置いてあった家財道具も処分された。そのまま部屋に帰ることなく、別の借家を借りて生活していたところ、1年ほど生活していたところ、元の家主からこれまでの滞納家賃と、家財道具を処分した代金として、高額の金銭を請求された。

解決経過

交渉の結果、金銭は一切支払わないという和解が成立した。

コメント

相手方が大手の業者であったとしても、違法行為を行ってくることは少なくありません。今回、勝手に部屋に入って家財道具を処分したことは、犯罪に当たりうる重大な違法行為です。相手方が大手業者であるからといって諦める必要はありません。

 

 


このページの先頭へ