消費者問題に関する解決例(架空請求、悪徳商法)


コメント

消費者問題は、普通に生活していても遭遇しやすい問題であり、身に覚えのない請求書が届いたり、悪徳業者から投資の勧誘を受けたり、といった相談はよくお聞きします。

弁護士は、請求書の体裁や中身を見れば、架空請求かどうかすぐに判断可能です。10分程度の相談だけで解決するケースもありますので、身に覚えのない請求が来たら、お気軽にご相談ください。

悪徳業者への投資に関しては、法律的な問題の解決と、投資した金銭の回収は別問題であり、法律的にこちらの言い分が正しかったとしても、業者が行方をくらますなどして回収できないことも多くあります。その業者が悪徳業者かどうかについても、弁護士であればすぐに判断可能ですので、できるだけお金を支払う前にご相談ください。


このページの先頭へ