弁護士紹介


安田 弘光(やすだ ひろみつ)

安田弘光

略歴

平成13年
大阪大学法学部卒業
平成14年
司法試験合格
平成15年
司法研修所入所(第57期)
平成16年
弁護士登録(奈良弁護士会)
平成25年
大阪弁護士会に登録替え
平成27年
はびきの未来法律事務所開設

現在の主な公職

  • 大阪弁護士会刑事弁護委員会
  • 大阪弁護士会刑事法制委員会
  • 羽曳野市生活困窮者支援担当

過去担当した主な公職

・奈良弁護士会刑事弁護委員会(平成23年度、24年度副委員長)
・奈良弁護士会貧困問題対策委員会
・奈良弁護士会消費者保護委員会
・近畿弁護士会連合会刑事弁護委員会(平成23年度、24年度副委員長)
・反貧困キャラバン2008実行委員長
・反貧困キャラバン2012実行委員長

主な講演

・金融商品取引法(奈良県消費生活相談員研修)
・刑事手続の基礎(奈良弁護士会事務職員研修)
・生活保護の実際(法テラススタッフ弁護士向け研修)
・債権回収の実務(中小企業向けビジネスセミナー)
・労働法の基礎(奈良弁護士会市民法律講座)

掲載サイト

・弁護士列伝インタビュー
http://blog.livedoor.jp/bengoshiretsuden/archives/51379113.html

・WEB市民の司法
http://www.saiban-kenpo.org/hatugen/backnumber/120924.html

コメント

私は平成16年10月から8年5か月間、奈良県内の法律事務所で弁護士として執務し、その後河内長野市にある大阪南法律事務所で2年間執務してまいりました。両事務所では、民事事件や家事事件、交通事故、借金問題などの一般事件のほか、医療過誤、行政事件、企業間の紛争、宗教法人をめぐる紛争など、特殊な事件も取り扱ってきました。

また、刑事事件についてもこれまで力を入れて取り組んできました。裁判員裁判や否認事件など、困難な事件も数多く担当し、これまで3件の無罪判決を獲得しています。

案件に対応するうえでは、民事、刑事を問わず、特に証拠を重視しています。一般的な証拠のほか、表に現れにくい隠れた証拠にも目を向け、当方の主張を客観的に裏付けることを心がけています。また、最新の判例についても研究し、案件の解決に取り入れています。

弁護士歴も10年を超え、ご相談いただければ大抵の案件に対応することが可能ですが、弁護士の職務遂行の基礎は依頼者との信頼関係ですから、どのような案件であっても、処理方針、見通し、コスト(費用・時間・精神的負担)などをできるだけ丁寧に分かりやすく説明して、ご納得いただいたうえで依頼を受けるようにしています。


このページの先頭へ