ブログ更新(高齢者介護と家族の責任)


認知症の男性が徘徊して線路内に立ち入り事故が起きた件について、男性の家族に対してJR東海が損害賠償の請求をしていた件、本日、最高裁で判決があり、1、2審の判決を破棄して、JR東海側の請求を全部棄却する判断がなされました。まだ判決文が公表されておらず詳細は不明ですが、今後の日本での高齢者介護のあり方を大きく左右する判断だけに、最高裁の結論にはホッとしています。

記事はこちら

 


このページの先頭へ