賃金債権の消滅時効期間延長等を内容とする労働基準法改正


賃金債権の消滅時効期間の延長等を内容とする労働基準法改正法が成立し、令和2年4月1日から施行されることになりました。
消滅時効期間が延長される債権は4月1日以降に支払期日が到来する債権であり(附則2条2項)、それ以前に支払期日が到来している債権に遡って適用されるものではありませんので注意が必要です。
詳細はこちらのページを御覧ください。


このページの先頭へ